MENU

【中学受験】桜蔭中学校 国語 令和05年度(2023年度)解説【解説講義を販売中】「高橋源一郎の飛ぶ教室─はじまりのことば(高橋源一郎)」「ひみつの犬(岩瀬成子)」

大問1 論理的文章(随筆文)

出典「高橋源一郎の飛ぶ教室─はじまりのことば(高橋源一郎)」
問題文難易度 標準(通年比)
設問難易度 標準(通年比)
文字数 約3000文字(※設問文込み)

大問2 文学的文章(小説)

出典「ひみつの犬(岩瀬成子)」
問題文難易度 易(通年比)
設問難易度 やや難(通年比)
文字数 約6400文字(※設問文込み)

塾長 神泉忍

大問1,2共に標準的な難易度でした。

目次

令和05年度(2023年度)特徴まとめ

✔問題構成/難易度は2021年度2022年度を踏襲している
⇒2020年度問題のように高すぎる難易度を設定するのではなく、全員が一定程度解答可能な問題を用意し実力を計ろうとしているのではないか。

✔論理の穴埋め型の記述が1問のみにおさえられた
⇒本文に直接的に記述がない情報を合理的に推測するタイプの問題が通常はもっと出題される

✔論説文については情報化社会の批評となっており事前の知識学習が求められる
⇒2018年度問題と同系列

✔岩瀬成子氏の問題は2006年度にも登場している
⇒友人関係トラブルの修復がテーマであり同系列

桜蔭の記述は長いので、背景+結論をセットで書くという解法のみを覚えていると苦戦する問題がある
⇒解答欄の大きさや出題意図を総合的に考えて解答方針を決めるトレーニングが必要

✔設問解釈によって解答が割れる問題が小説で2問出題
⇒正解を求めるのではなく、自分の頭で考えるというプロセスが大事である

令和05年度(2023年度)論説について

論説と随筆の中間のような文章でした。
「コロナ」「ウクライナ」といった時流を反映した内容になっていました。
また情報化社会を批評するもので、事前の知識学習が求められる文章だったと言えるでしょう。

過去19年で類似のテーマが多数出題されています。

令和05年度(2023年度)の出題も
一般的な常識と筆者の意見を対比させるものでした。

反復した過去問演習によって
桜蔭が好む論説パターンを習得することが求められました。

令和05年度(2023年度)小説について

岩瀬成子氏の作品からの出題は過去の桜蔭から遡るのと2回目でした。
同一の作者からの出題は史上初です。

今年度の小説についても、
過去
桜蔭が出題してきたテーマと
強い類似性が見えるものでした。

善悪という単純な価値判断ができるだろうという常識に対比させ、本作のテーマを示すものでした。


令和05年度(2023年度)の目玉問題はこれ!

令和05年度(2023年度)の問題の特徴は以下2つです
1「とにかく長文を書けば良い」というパターン攻略の防止
2設問解釈によって解答が分かれる問題が2問出題

「とにかく長文を書けば良い」パターン攻略の防止

こちらは論説において見られた特徴です。
桜蔭国語の対策として
「背景+結論」という形で、
短い解答ではなく、背景説明を含めた長い解答を書くべきという攻略法は
ちまたでよく見られています。
しかし、今回の論説は、
解答欄の大きさから考えて、それを行うとそもそも解答を書くスペースがなくなる
という設計になっておりました。
設問の意図と、解答欄の大きさから総合的に判断して解答方針を決める必要がありました。

設問解釈によって解答が分かれる問題が二題出題された

小説の問題4と問題5は設問の抽象度が高く、
設問解釈によって解答が分かれる問題でした。
一定の正解を決められる問題ではないので、
なぜその解答を書いたのか?というプロセス思考を重視してトレーニングすると良いでしょう。

解説本編を販売中

ご購入はこちらから
桜蔭国語過去問解説の詳細

教材サンプルこちら
通常の大手受験塾では・・・
「過去問解説」「解答作成」「方法論作成」
が年度や問題ごとに異なっています。

しかし、学習支援サービス フォーミュラがお届けする
「桜蔭国語過去問解説」は
塾長の神泉忍が
「方法論」「模範解答」「解説」
をすべて一人で作成!!

一貫した方法論で桜蔭国語の対策を学習することができます。



令和03年度(2021年度)
大問1「生き物をめぐる個性の秘密(稲垣栄洋)」
大問2「あしたのことば(森絵都)」
講義動画40分・PDF28枚(カラー版14枚/モノクロ版14枚)

令和02年度(2020年度)
大問1「エベレストには登らない(角幡唯介)」
大問2「思いはいのり、言葉はつばさ(まはら三桃)」
講義動画50分・PDF30枚(カラー版15枚/モノクロ版15枚)

令和01年度(2019年度)
大問1「ゴリラからの警告(山極寿一)」
大問2「神に守られた島(中脇初枝)」
講義動画60分・PDF26枚(カラー版13枚/モノクロ版13枚)

平成30年度(2018年度)
大問1「五月の庭で(大久保雨咲)」
大問2「情報氾濫時代の生き方(押井守)」
講義動画50分・PDF24枚(カラー版12枚/モノクロ版12枚)

平成29年度(2017年度)
大問1「生きているうえで、かけがえのないこと(吉村萬壱)」
大問2「木になった魚(竹西寛子)」
講義動画36分・PDF26枚(カラー版13枚/モノクロ版13枚)

平成28年度(2016年度)・講義動画37分

平成27年度(2015年度)
大問1「じぶんの学びの見つけ方(林ナツミ)」
大問2「櫛挽道守(木内昇)」
講義動画36分・PDF28枚(カラー版14枚/モノクロ版14枚)

平成26年度(2014年度)
大問1「物語ること、生きること(上橋菜穂子)」
大問2「かんかん橋を渡ったら(あさのあつこ)」
講義動画30分・PDF20枚(カラー版10枚/モノクロ版10枚)

平成25年度(2013年度)
大問1「孤独な少年の部屋(中島義道)」
大問2「あたらしい図鑑(長薗安浩)」
講義動画35分・PDF20枚(カラー版10枚/モノクロ版10枚)

平成24年度(2012年度)

大問1「野生哲学 アメリカ・インディアンに学ぶ(小池桂一/管啓次郎)」
大問2「クマのあたりまえ(魚住直子)」
講義動画27分・PDF20枚(カラー版10枚/モノクロ版10枚)

平成23年度(2011年度)
大問1「君が大人になる頃に。(古川柳蔵/石田秀輝)」
大問2「少年口伝隊一九四五(井上ひさし)」
講義動画34分・PDF24枚(カラー版12枚/モノクロ版12枚)

平成22年度(2010年度)
大問1「ひっつき虫(杉本秀太郎)」
大問2「氷の海のガレオン(木地雅映子)」
講義動画37分・PDF24枚(カラー版12枚/モノクロ版12枚)

平成21年度(2009年度)
大問1詩&説明文「魂のみなもとへー詩と哲学のデュオ(谷川俊太郎/長谷川宏)」
大問2小説「いつかのきみへ、いつかのぼくへ 橋をめぐる(橋本紡)」
講義動画29分・PDF30枚(カラー版15枚/モノクロ版15枚)

平成20年度(2008年度)
大問1「迷子の自由(星野博美)」
大問2 「ひかりの季節に(大谷美和子)」
PDF24枚(カラー版12枚/モノクロ版12枚)・講義動画25分

平成19年度(2007年度)
大問1「畑の向こうのヴェネツィア(仙北谷茅戸)」
大問2「「星兎(寮美千子)」
PDF30枚(カラー版15枚/モノクロ版15枚)・講義動画36分

平成18年度(2006年度)
大問1「日本美術を見る眼(高階秀爾)」
大問2「となりのこども(岩瀬成子)」
・PDF26枚(カラー版13枚/モノクロ版13枚)・講義動画32分

平成17年度(2005年度)
大問1「名詩の美学(西郷竹彦)」
大問2「ボーイズ・ビー(桂望実)」
・PDF16枚(カラー版08枚/モノクロ版08枚)・講義動画24分

平成16年度(2004年度)
大問1「ビッビ・ボッケンのふしぎ図書館(猪苗代英徳訳)」
大問2「十二歳(椰月美智子)」
・PDF22枚(カラー版11枚/モノクロ版11枚)・講義動画23分

コンテンツ内容

動画講義時間45分+14枚のレジュメ
で過去問を徹底解説

設問ごとに視聴可能

倍速再生可能

✔すべての記述問題に解説講義

✔記述の作成プロセスを詳細解説

✔記述作成に必要な解答要素を色分けで体系表示

小学生が書ける範囲の模範解答例

✔各設問の難易度と目標点を表示

色分けレジュメでわかりやすい

✔モノクロ版レジュメも添付

✔レジュメ合計28枚(カラー版14枚/モノクロ版14枚)

受講生の声(前年まで)

2020年度保護者

どの塾の解説よりも充実していました。国語専門の先生ということで、塾のフォローアップや過去問添削など大変お世話になりました。

2021年度受験生

動画で解説を見られるので、効率的に過去問演習を進められました。
色分けされたプリントがとても使いやすかったです。

2022年度保護者

豊富な情報を効率よく学習できるように仕組みを作って下さっておりましたので大変重宝しました。

ご購入はこちら

ご購入はこちらから
桜蔭国語過去問解説の詳細

教材サンプルこちら
通常の大手受験塾では・・・
「過去問解説」「解答作成」「方法論作成」
が年度や問題ごとに異なっています。

しかし、学習支援サービス フォーミュラがお届けする
「桜蔭国語過去問解説」は
塾長の神泉忍が
「方法論」「模範解答」「解説」
をすべて一人で作成!!

一貫した方法論で桜蔭国語の対策を学習することができます。



令和03年度(2021年度)
大問1「生き物をめぐる個性の秘密(稲垣栄洋)」
大問2「あしたのことば(森絵都)」
講義動画40分・PDF28枚(カラー版14枚/モノクロ版14枚)

令和02年度(2020年度)
大問1「エベレストには登らない(角幡唯介)」
大問2「思いはいのり、言葉はつばさ(まはら三桃)」
講義動画50分・PDF30枚(カラー版15枚/モノクロ版15枚)

令和01年度(2019年度)
大問1「ゴリラからの警告(山極寿一)」
大問2「神に守られた島(中脇初枝)」
講義動画60分・PDF26枚(カラー版13枚/モノクロ版13枚)

平成30年度(2018年度)
大問1「五月の庭で(大久保雨咲)」
大問2「情報氾濫時代の生き方(押井守)」
講義動画50分・PDF24枚(カラー版12枚/モノクロ版12枚)

平成29年度(2017年度)
大問1「生きているうえで、かけがえのないこと(吉村萬壱)」
大問2「木になった魚(竹西寛子)」
講義動画36分・PDF26枚(カラー版13枚/モノクロ版13枚)

平成28年度(2016年度)・講義動画37分

平成27年度(2015年度)
大問1「じぶんの学びの見つけ方(林ナツミ)」
大問2「櫛挽道守(木内昇)」
講義動画36分・PDF28枚(カラー版14枚/モノクロ版14枚)

平成26年度(2014年度)
大問1「物語ること、生きること(上橋菜穂子)」
大問2「かんかん橋を渡ったら(あさのあつこ)」
講義動画30分・PDF20枚(カラー版10枚/モノクロ版10枚)

平成25年度(2013年度)
大問1「孤独な少年の部屋(中島義道)」
大問2「あたらしい図鑑(長薗安浩)」
講義動画35分・PDF20枚(カラー版10枚/モノクロ版10枚)

平成24年度(2012年度)

大問1「野生哲学 アメリカ・インディアンに学ぶ(小池桂一/管啓次郎)」
大問2「クマのあたりまえ(魚住直子)」
講義動画27分・PDF20枚(カラー版10枚/モノクロ版10枚)

平成23年度(2011年度)
大問1「君が大人になる頃に。(古川柳蔵/石田秀輝)」
大問2「少年口伝隊一九四五(井上ひさし)」
講義動画34分・PDF24枚(カラー版12枚/モノクロ版12枚)

平成22年度(2010年度)
大問1「ひっつき虫(杉本秀太郎)」
大問2「氷の海のガレオン(木地雅映子)」
講義動画37分・PDF24枚(カラー版12枚/モノクロ版12枚)

平成21年度(2009年度)
大問1詩&説明文「魂のみなもとへー詩と哲学のデュオ(谷川俊太郎/長谷川宏)」
大問2小説「いつかのきみへ、いつかのぼくへ 橋をめぐる(橋本紡)」
講義動画29分・PDF30枚(カラー版15枚/モノクロ版15枚)

平成20年度(2008年度)
大問1「迷子の自由(星野博美)」
大問2 「ひかりの季節に(大谷美和子)」
PDF24枚(カラー版12枚/モノクロ版12枚)・講義動画25分

平成19年度(2007年度)
大問1「畑の向こうのヴェネツィア(仙北谷茅戸)」
大問2「「星兎(寮美千子)」
PDF30枚(カラー版15枚/モノクロ版15枚)・講義動画36分

平成18年度(2006年度)
大問1「日本美術を見る眼(高階秀爾)」
大問2「となりのこども(岩瀬成子)」
・PDF26枚(カラー版13枚/モノクロ版13枚)・講義動画32分

平成17年度(2005年度)
大問1「名詩の美学(西郷竹彦)」
大問2「ボーイズ・ビー(桂望実)」
・PDF16枚(カラー版08枚/モノクロ版08枚)・講義動画24分

平成16年度(2004年度)
大問1「ビッビ・ボッケンのふしぎ図書館(猪苗代英徳訳)」
大問2「十二歳(椰月美智子)」
・PDF22枚(カラー版11枚/モノクロ版11枚)・講義動画23分

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次